可愛いペットの犬の口臭の原因と改善方法

可愛くて堪らない愛犬でも、口臭が気になるとスキンシップも敬遠しがちになりますね。
特に犬は親愛の情を、人の顔をぺろぺろと舐めますなどで表すことが多く
口臭がきついと止めてほしいと避けてしまいます。犬にとっては何故避けられるのか分からないので、犬なりに悲しい思いをします。できれば口臭を除去して、愛犬とのコミュニケーションを深めたいものです。ここでは犬の口臭に原因と改善方法を詳しくご紹介したいと思います。

犬の口臭の原因

愛犬の口から生ごみのような臭い口臭を感じることがありませんか?
口臭が気になるので、愛犬とのコミュニケーションである顔舐めを避けてはいませんか?

犬の口臭が臭くなる原因には、大きく二つの原因があります。
歯の汚れや歯周病による口臭と、内臓や腸内環境から来る口臭です。
その見分け方として、簡単な方法でハンドタオルなどを使用して愛犬の歯を拭いてみてから、タオルを匂ってみて臭くなければ、原因が歯では無いことが多いです。

その他の原因としては、毎日食べさせているエサがあります。
こちらも見直しが必要かもしれません。

歯など口の中が口臭の原因の場合

もしタオルが口臭と同じ匂いならば、歯の汚れや、歯周病を疑いましょう。
犬は自分で歯を磨くことができませんので、何もしないでいると汚れが溜まる一方です。
歯が黄ばんだり茶色く変色してしまうこともあります。

歯の手入れをせずに放置していると、人間と同じで歯垢が増えて、何より怖い歯周病になります。歯垢とは歯の表面に、唾液中にある糖たんぱく質が付着して細菌のすみかになります。歯垢はその細菌のかたまりで、それが気になる口臭の原因のひとつになります。

その歯垢こそが、口の中が不衛生になっている証拠だと言えます。
歯垢を放っておくと、その中で繁殖した細菌が歯肉に炎症を起こし歯肉炎になります。
この歯肉炎が進行すると歯周病になります。

歯垢は取り除かないと石灰化して歯石となり、歯石の上にまた歯垢が溜まり歯石となる悪循環が続き歯周病が悪化して行くことになります。年々、歳と共に細菌感染の抵抗力も落ちてきますので、歯周病は成犬病と言うことができます。

歯周病になりやすい犬と言われているのが、口が小さくケアがしにくい小型犬や、パグなどの短頭種、高齢犬、疾病等により免疫力が低下している犬、そして口中のケアが不足している犬です。

日頃からの歯周病の予防

歯周病を予防するには、子犬のころからの習慣が大変重要です。
歯磨きの習慣をつけたり、歯磨き以外には、歯磨き効果の有るガムや歯垢が付きにくいフードを食べさせたりすることが予防に繋がります。

犬の歯の磨き方ですが、一番良いのは犬用の歯ブラシを使って、小まめに歯磨きを行うことです。犬用の歯磨き粉を使用すると、犬の好きな味がして嫌がらずに歯磨きができます。
どうしても歯ブラシを嫌がる場合、軍手などに歯磨き粉を付けて磨いてあげるのも良いでしょう。

毎日、歯を磨くことが目標ですが、歯磨きが苦手な犬や、丁寧に磨いてあげる時間が無いと言う飼い主さんもいるでしょう。そんな方には、犬の口に中を拭く習慣を付けてみるのも良い方法です。濡れたガーゼなどで口の中や、歯を綺麗に拭いてあげることをお薦めします。

その他に、飲み水に入れるマウスクリーナーなどを使用するのも良いでしょう。
毎日、歯磨きを続けなければいけないと思うと、飼い主の方にもストレスが溜まりますので、歯を磨く、口の中を拭く、マウスクリーナーを使用するなど、少々手抜きをしながらの方法で口の中を衛生的にしてあげると、負担なく続けることができるのではないでしょうか?

犬用おもちゃのロープや布製品のおもちゃで、引っ張りっこなどをすると歯磨き代わりになり、歯を綺麗にするものもあります。

また、プロにお願いするのもひとつの方法です。
トリミングなどをするペットサロンなどでも、デンタルケアをしてくれるところもありますので、任せてみるのも良いでしょう。

歯周病の症状と改善

歯周病になると口臭がしたり、口の中が出血していたり、歯に異常が見られたりします。
また、本来ピンク色をしている歯茎が炎症を起こし赤くなります。食べ物を口に入れるのが億劫になり食欲が落ちる犬もいます。

歯周病が進行すると歯がぐらぐらし、抜けるなどの症状が見られます。
また、細菌が血管から血流に乗って、心臓や肝臓・腎臓にたどり着いて内臓疾患を併発することがあります。

まだ歯肉炎までの症状であれば、毎日歯磨きをして歯垢や歯石を取り除き、歯の周りを清潔にすれば改善できる場合もあります。歯周病が進行している場合には動物病院で、全身麻酔を掛けて歯垢や歯石を取る治療が必要となります。
万が一、重症であれば歯を抜いて治療する場合もあります。

高齢になるほど、全身麻酔の負担は高くなりますので、歯周病予防のために、10歳前後で一度汚れを綺麗に洗い落とすことも良い方法です。

犬の歯周病の割合は8割を超えているといわれ、ほとんどの飼い主さんは歯周病ケアができていないのが現状です。
歯周病は他の病気の原因になりやすく、甘く見ておくと大病の元になるため、歯周病や歯石が溜まっているならすぐに治療することをおすすめします。
犬の治療費は高額になるとはいえ、最近では安いペット保険も登場していますし、愛犬の命に関わると思えば治療することに越したことはありません。
ただ、歯石除去に関してだけはペット保険の適用外なので、注意してください。

内臓や腸内環境から来る口臭

口臭の原因が食事の場合があります。匂いの強い物や脂質やタンパク質を多く摂取していると口臭が強くなると言われています。

歯の手入れが行き届いている犬の口臭がきついばあい内臓疾患を疑うことが必要です。
まず肝臓疾患が無いかですが、肝臓は臭いのする物質を分解する働きをしますので、
肝臓疾患が有る場合、その働きが弱り口臭がひどくなる場合があります。

また、胃が疾患を起こしている場合は、食べ物をしっかり消化できなくなり
胃の中で食べ物が腐ったりします。この腐った物の臭いが食道を通して逆流し、口臭となります。内臓疾患になると唾液の粘り気が増して、強い口臭となる場合もあります。

また糖尿病や腎臓病・尿毒症などの疾患に患っている場合にも、口臭が臭くなる場合があります。食欲がない、口臭だけではなく身体からも嫌な臭いがする場合などはおしっこの量や回数などもしっかりチェックをしてから、動物病院に行きましょう。

腎臓に疾患が有る場合、口臭もアンモニアの臭いがし、口臭だけではなく嘔吐や、下痢、食欲不振などの症状がでますので、注意しましょう。
糖尿病の時には、血液中の有害な物質が増加し、口臭からアセトン臭と言う独特な臭いにおいを放ちます。

また癌や消化器官に問題が有る場合、口臭が強くなる傾向があります。
これらは命に係わる重要なサインです。
いずれにせよ、このような内臓疾患による口臭の場合は速やかに病院を受診してください。

腸内環境が影響している口臭の原因と対策

犬口臭が臭くなる原因のひとつに腸内環境の悪化があります。
犬は人間と比べて腸が短いため、気温の変化やストレスにも大変弱く、下痢も起こしやすいと言われています。腸内環境が悪化すると、臭いの原因となる有害物質が生成されやすくなります。それが血液中に吸収されて、腐敗臭が口臭となり臭いを放つことになります。

この臭いの元となる有害物質ですが、腸内環境悪化に伴い腸の善玉菌が減り、悪玉菌が増えたことにより、悪玉菌がタンパク質やアミノ酸、脂肪を分解し、アンモニアや硫化水素などの腐敗臭の元となります。腸内環境が悪化したときの口臭の臭いは便に近い臭いがします。

反対に善玉菌優勢となる腸の場合は、腸内環境が整い健康で病気になりにくい身体になります。人間で言えば、乳酸菌を摂りいれて善玉菌を増やすことが、腸内環境を整えますが、
犬も同じです。エサなどに乳酸菌を摂りいれて善玉菌を増やすと良いでしょう。

腸内環境が悪くなったサインとしては、便が出にくい、固いなどや、毛並みが悪くなる場合が有ります。口臭がきつい、便の様子に変化が有った場合は、まず腸内環境の悪化を疑いましょう。腸内環境が悪化する原因として、まずはエサを見直してみるべきです。
対策としては、乳酸菌を摂ることですが、善玉菌を増やすために乳酸菌を配合したサプリメントなどを使用してみるのも良いでしょう。

添加物が多いと腸内環境を悪化する元です。ドッグフードも添加物が含まれていたりしますので、注意が必要です。安い質の悪いフードや古いものなどを与えてはいないでしょうか?合成油脂などの化学成分でできた油分や、穀物などの犬が消化できない食べ物などが口臭を作る原因なっている場合もあります。良質のフード選びや、酸化を防ぐ保存方法なども考える必要があります。

そして善玉菌を増やすために、ヨーグルトを食べさせたりして乳酸菌で善玉菌を増やすようにしましょう。犬用のヨーグルトも市販されていますが、人間用の無糖のプレーンヨーグルトでも問題は有りません。一日スプーン1杯を目安に与えてみましょう。ただし乳製品が苦手でお腹が緩くなる犬もいますので注意しましょう。

腸内環境を改善してくれる生きた乳酸菌などの犬用サプリメント使用してみるのも良いでしょう。悪玉菌を減らし気になる口臭を軽減してくれます。
腸内環境を整えることで口臭改善、毛並みや毛艶も改善されます。

また犬の腸内環境の悪化は、人間と同じでストレスも関係しています。
適度に運動をさせるためにも、散歩に連れて出ることでストレス発散をさせることをお薦めします。

ただし、腸内環境の悪化で口臭が臭う場合の改善には、時間が掛かることも理解しておきましょう。毎日継続して腸内環境が整うようにしましょう。

日頃のスキンシップが重要

愛犬の口臭の異変などを、早期に発見するのも、日頃から愛犬と触れ合っていることが大切です。おもちゃで引っ張りっこをしたり、マッサージや、清潔にするために身体を拭いてあげたりするスキンシップの中で、毛の状態や口の中の状態を見てあげることもできるはずです。

歯茎の色が変わっている、歯がぐらぐらしてきたと気づいたときには
早急に動物病院に行くべきですが、そこまでの症状になるまでにも注意信号が出ているはずです。日頃からスキンシップを心がけて、愛犬の健康状態をしっかり把握して、長生き出来るように見守ることが、飼い主として大切なことですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>